記憶媒体(読み)きおくばいたい(英語表記)storage medium

日本大百科全書(ニッポニカ)「記憶媒体」の解説

記憶媒体
きおくばいたい
storage medium

記憶装置で情報を記録するために用いる媒体補助記憶装置でデータ保存するための部分をさす。外部記憶媒体や記録媒体記憶メディア、単にメディアともいう。また、交換が可能な媒体という意味で、リムーバブルメディアとよぶこともある。

 磁気や光(レーザー)などを使って、データの書き込みや読み出しを行うもので、フロッピーディスク(FD)、HDD(ハードディスクドライブ)、CD-ROM(ロム)、CD-R、MO、DVDなどのほか、USBメモリーや、デジタルカメラやオーディオプレーヤー、スマートフォンなどで利用されるSDメモリーカードなどのフラッシュメモリー類がある。フロッピーディスクドライブやDVDドライブが補助記憶装置で、FDやDVDが記憶媒体である。一方、HDDやUSBメモリーなどは、補助記憶装置と記憶媒体が一体化した機器といえる。

 CD-ROMのようにデータを読み込むだけのもの、CD-Rのように一度だけ書き込めて何度でも読み込めるもの、FDやフラッシュメモリーのように読み出しと書き込みが何度も行えるものがある。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典「記憶媒体」の解説

きおくばいたい【記憶媒体】

コンピューター補助記憶装置において、実際にデータが書き込まれる対象。フロッピーディスクCD-ROMDVD-ROM、MO(光磁気ディスク)、フラッシュメモリーなど。デジタルカメラデジタルビデオカメラデジタルオーディオプレーヤーなどでデータの記録に用いられる媒体も含む。◇「記憶メディア」「記録媒体」「記録メディア」「メディア」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「記憶媒体」の解説

記憶媒体

データを記憶させるための媒体。記憶メディアや記録メディアとも呼ばれる。磁気的、光学的にデータを書き込むものが多く、前者はフロッピーディスク、後者はCD-ROMやMOディスクがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android