リービッヒの最小養分の法則(英語表記)Liebig's law of the minimum

法則の辞典の解説

リービッヒの最小養分の法則【Liebig's law of the minimum】

一定の生息場所における生物の数は,これらの生物の生活に必要最小限度の吸収・同化可能な栄養物質量に比例する.これの発展したものが「最小律」である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android