コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リー環 リーかんLie ring; Lie algebra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リー環
リーかん
Lie ring; Lie algebra

リー代数ともいう。一つの分配系 L の乗法を [ab] で表わすとき
L に属する任意の abc に対して成り立てば,L をリー環という。リー群から,微分作用素の代数としてつくられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のリー環の言及

【リー群】より

…回転群などの古典群はすべてリー群である。 ベクトル空間Lにおいて,Lの任意の2元X,Yに対し[X,Y]で表されるLの元が定められていて,次の条件が成り立つとき,Lを(実数体上の)リー代数またはリー環という。(1)[X,Y]は双線型である。…

※「リー環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リー環の関連キーワードバンクーバー2010パラリンピックステップファミリー国立新美術館ブールバキ代数的構造ユビキタスゼルマノフブルバキ結合法則リー代数カルタン代数系代数学乗法

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android