コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微分作用素 びぶんさようそdifferential operator

世界大百科事典 第2版の解説

びぶんさようそ【微分作用素 differential operator】

区間(a,b)で連続微分可能な関数f(x)にその導関数f′(x)を対応させることを考える。また,区間(a,b)で連続な関数p(x),q(x)が与えられたとき,この区間で2回連続微分可能な関数f(x)にf″(x)+p(x)f′(x)+q(x)f(x)を対応させることを考える。これらの例のように,関数から関数への対応fDfがあって,関数Dfの点xにおける値(Df)(x)がfおよびその有限個の導関数のxにおける値によって定まるとき,Dを微分作用素という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

微分作用素の関連キーワード随伴微分作用素グリーン関数J. ルレーヘルマンダーベクトル解析境界値問題線形作用素アティヤ超関数定義域球関数リー環導関数ルレー区間

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android