コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルクセンブルクの憲法広場 ルクセンブルクのけんぽうひろば

1件 の用語解説(ルクセンブルクの憲法広場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ルクセンブルクのけんぽうひろば【ルクセンブルクの憲法広場】

ルクセンブルク大公国の首都ルクセンブルク(Luxembourg)旧市街南、アドルフ橋の架かるペトリュス(Petrusse)の近くにある広場。ルクセンブルク中央駅(Gare Centrale)からバスで約5分の場所にある。旧市街の入り口にあたる場所にある広場で、もともとは川に面した砦が置かれていた。広場の中央には、頂きに金の女神像がある第一次世界大戦の戦没者慰霊碑が建っている。ルクセンブルク市内では最も眺めのよい場所といわれる。3月中旬から10月末まで、憲法広場からグルントを抜け、アルゼット川を見下ろすボックの砲台(Casemates du Bock)の対岸までの区間を1時間で往復するミニトレインが発着している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルクセンブルクの憲法広場の関連キーワード公国アルム広場ビアンデン城ボックの砲台マリエンブルク城エーデンブルクローテンブルク岩ルクセンブルク効果ルクセンブルク[市]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone