コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルテチア Lutetia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルテチア
Lutetia

フランスの首都パリの古代ローマ名。本来セーヌ川の中島,現シテ島より興り,パリシ族の首都であった。前 52年ローマ軍の遠征の際に焼失したが,帝政期にはセーヌ左岸地域にも拡大された。公衆浴場,闘技場などの遺構が現存する。前3世紀には島だけが居住地区となり,再使用された石壁によって囲まれた。ルテチアはユリアヌス帝が好んだ住地で,彼は 360年この地で軍隊によって正帝に推戴された。3世紀頃からパリシ Parisiiとも呼ばれるようになり,493年頃フランク王クロービスに攻略された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルテチアの関連キーワードクロービス1世ルテチウム

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android