遠征(読み)えんせい

精選版 日本国語大辞典「遠征」の解説

えん‐せい ヱン‥【遠征】

〘名〙
① 遠方の地に征伐に行くこと。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「四方に遠し殆んど亜細亜の一大洲を并呑し」 〔春秋左伝‐定公五年〕
② 遠方の地まで探検、調査、試合などに行くこと。
※星巖集‐丙集(1837)梨花村草舎一支集・明星津石歌「嗟予老矣罷遠征、臥遊聊自寄幽情」 〔阮籍‐詠懐

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「遠征」の解説

えん‐せい〔ヱン‐〕【遠征】

[名](スル)
遠方の敵を征伐しにいくこと。「十字軍の大遠征
試合・登山・探検などで遠方へ出かけていくこと。「日本チームのアメリカ遠征」「ヒマラヤへ遠征する」
[類語]従軍挙兵旗揚げ蜂起出兵派兵出征出陣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「遠征」の解説

【遠征】えん(ゑん)せい

遠行。遠く征伐する。李白〔子夜呉歌、四首、三〕詩 何れの日か、胡らげ 良人、征を罷(や)めん

字通「遠」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報