遠征(読み)えんせい

精選版 日本国語大辞典「遠征」の解説

えん‐せい ヱン‥【遠征】

〘名〙
① 遠方の地に征伐に行くこと。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「四方に遠征し殆んど亜細亜の一大洲を并呑し」 〔春秋左伝‐定公五年〕
② 遠方の地まで探検、調査、試合などに行くこと。
※星巖集‐丙集(1837)梨花村草舎一支集・明星津石歌「嗟予老矣罷遠征、臥遊聊自寄幽情」 〔阮籍‐詠懐詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「遠征」の解説

えん‐せい〔ヱン‐〕【遠征】

[名](スル)
遠方の敵を征伐しにいくこと。「十字軍の大遠征
試合・登山・探検などで遠方へ出かけていくこと。「日本チームのアメリカ遠征」「ヒマラヤ遠征する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android