コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルハイヤ ルハイヤAl-Luhayyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルハイヤ
Al-Luhayyah

イエメン西部の町。ティハーマ海岸平野にあり,紅海にのぞむ小港。ホデイダの北約 110kmに位置する。かつてのコーヒー積出港で,付近に岩塩鉱床がある。 15世紀に建設され,18世紀に城塞化された。第1次世界大戦でイギリスに占領され,1925年イエメンに復帰。 34年にもサウジアラビアに占領されたが,ターイフ条約で返還された。人口約 3000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルハイヤの関連キーワードウマルハイヤーム廟オマルハイヤーム廟廉希憲

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android