コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルブマ川 ルブマがわRuvuma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルブマ川
ルブマがわ
Ruvuma

タンザニアとモザンビークの国境をなす川。モザンビークではロブマ Rovuma川と呼ばれる。マラウイ湖東方の両国にわたる高地に源を発し,国境に沿って東流,途中北からムヒュウェシ川,南からルゲンダ川などを合せ,国境でインド洋に注ぐ。全長 764km。中流部にバンダラ滝,スンダ滝,ウピンダ急流などがある。小型船が下流からウピンダ急流までの約 100km航行可能。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルブマ川の関連キーワードモザンビーク(国)アフリカ探検タンザニアデルガド岬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android