ル・マタン(読み)るまたん(英語表記)Le Matin de Paris

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ル・マタン
るまたん
Le Matin de Paris

フランス社会党系の新聞で、パリ発行の朝刊紙。左派系週刊誌『ヌーベル・オプセルバトゥール』の社長で著名なジャーナリスト、ジャン・ダニエルのきもいりで、同誌記者クロード・ペルドリエルが1977年5月1日創刊。国際・国内ニュースの報道と並んで、社会党に近い立場からフランス政治情勢の分析、解説、論評を展開、社会党ブームにのって発行部数を大幅に増やし、82年には25万とした。85年から退潮に向かい88年1月廃刊。[伊藤力司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android