ルー・テーズ(読み)るーてーず

世界大百科事典内のルー・テーズの言及

【プロレス】より


[歴史]
 ギリシア・ローマ時代にはすでに職業レスラーが存在したが,現在のような形の興行としてのプロレスが確立されたのは19世紀末といわれ,1905年にはフランク・ゴッチが初代世界王者に認定されている。アメリカで人気が高まったのは第2次世界大戦後で,1948年には世界最大の組織National Wrestling Alliance(NWA),現World Championship Wrestling (WCW)がプロモーター(興行主)の同盟組織として作られ,〈鉄人〉と呼ばれたルー・テーズが長期にわたって王座を守った。しかし57年にはAmerican Wrestling Association(AWA),63年にはWorld Wide Wrestling Federation(WWWF。…

【力道山】より

…55年には元横綱東富士を加え,タグを組んで活躍した。58年にルー・テーズを破りインターナショナル選手権を獲得,以後19回防衛した。このほか不動産経営など多方面で活躍したが,63年暴力団員に刺された傷がもとで死亡した。…

※「ルー・テーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android