コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイノルズ係数 reynolds

1件 の用語解説(レイノルズ係数の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

レイノルズ係数

流体内の物体の抗力係数Rは、その物体の密度、粘性係数、速度および形状や大きさに関係していることをいう。つまり同じ空気の中を同じ形でも異なる大きさの物体を置くと、小さな物ほど空気の粘性を強く感じることである。パラグライダーはその搭載重量により各サイズ(大きさ)がある。同じ機種のものでもXSサイズとXLサイズでは性能がかなり違っている。例えば、同じ機種にてDHVの安全基準をパスする際、XSサイズのみ認定が大幅に遅れたり、1ランク上になってしまう事の大きな原因の一つにこのレイノルズ係数がある。また、パラグライダーを設計する際に、縮尺模型を使用して各データーを測定しても、実際の機体との間に性能のギャップが生じる事もレイノルズ係数が起因している。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レイノルズ係数の関連キーワード重さグラスホフ数後流動摩擦浮力ヴェーバー数エッカート数クッタ‐ジューコフスキの定理抗力係数(流体力学)ストルーハル数

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone