コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッドリバー植民地 レッドリバーしょくみんち Red River Settlement

1件 の用語解説(レッドリバー植民地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッドリバー植民地
レッドリバーしょくみんち
Red River Settlement

現在のカナダマニトバ州の発祥地。ウィニペグ市の郊外,レッド川とアッシニボイン川の合流点近くに,1811年セルカーク (伯) ハドソン湾会社より獲得した土地で植民地を建設。レッドリバー植民地と呼ばれ,主としてアイルランド人,スコットランド人が入植した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のレッドリバー植民地の言及

【レッド・リバー反乱】より

…1867年のカナダ自治領政府の成立にともない,ハドソン湾会社が約200年間にわたって領有してきたルパーツ・ランドのカナダへの委譲交渉が開始され,69年12月1日を期して譲渡が成立することになった。広大なルパーツ・ランドの唯一の定住地,レッド・リバー植民地に住むメティスを主体とする住民はこの交渉にまったくあずからなかった。彼らはL.リエルを首班として臨時政府を樹立し,連邦政府へ既得権擁護を求め,連邦政府任命の副総督の就任を阻止した。…

※「レッドリバー植民地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レッドリバー植民地の関連キーワードウィニペグ発祥地マニトバローワーフォートギャリーウィニペグ[湖]ウッズ[湖]サスカチェワン[川]マニトバ[州]ウィニペグ・ストライキマニトバ法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone