コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッドリバー植民地 レッドリバーしょくみんちRed River Settlement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッドリバー植民地
レッドリバーしょくみんち
Red River Settlement

現在のカナダマニトバ州の発祥地。ウィニペグ市の郊外,レッド川とアッシニボイン川の合流点近くに,1811年セルカーク (伯) ハドソン湾会社より獲得した土地で植民地を建設。レッドリバー植民地と呼ばれ,主としてアイルランド人,スコットランド人が入植した。セルカークの死後,36年ハドソン湾会社の統治下に入ったが,69年ハドソン湾会社がこの地を含めた北西部地方をカナダ政府に譲渡するにあたり,広大な領有地内の唯一ともいうべき居住地,レッドリバー植民地で,住民の権益をめぐって L.リエルの指導下に反乱が勃発。しかし要求が認められて,70年マニトバ州が成立し,その一部としてレッドリバー植民地もカナダに合併された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のレッドリバー植民地の言及

【レッド・リバー反乱】より

…1867年のカナダ自治領政府の成立にともない,ハドソン湾会社が約200年間にわたって領有してきたルパーツ・ランドのカナダへの委譲交渉が開始され,69年12月1日を期して譲渡が成立することになった。広大なルパーツ・ランドの唯一の定住地,レッド・リバー植民地に住むメティスを主体とする住民はこの交渉にまったくあずからなかった。彼らはL.リエルを首班として臨時政府を樹立し,連邦政府へ既得権擁護を求め,連邦政府任命の副総督の就任を阻止した。…

※「レッドリバー植民地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レッドリバー植民地の関連キーワードセブンオークスの虐殺レッド・リバー反乱セルカーク(伯)ルパーツ・ランドリエルの反乱マニトバ法フレーザーカナダ史メティスデュモン北西会社

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android