コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッドリーフ病(エンバク)

1件 の用語解説(レッドリーフ病(エンバク)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

レッドリーフ病(エンバク)

葉が赤く変色するウイルス病。葉先及び葉縁からかすれたように赤く変色していく。激発すると葉は枯死し、株は萎縮する。病原はオオムギ黄萎ウイルスコムギ黄葉ウイルスで、他にライグラス、カモジグサなどを侵し、アブラムシにより伝播される。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レッドリーフ病(エンバク)の関連キーワード肝炎ウイルス植物ウイルス動物ウイルスライノウイルスロタウイルスウイルス病スローウイルスヒト免疫不全ウイルスパルボウイルスヒト免疫不全ウイルス病

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone