コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レピア織機 レピアしょっきrapier loom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レピア織機
レピアしょっき
rapier loom

無杼 (むひ) 織機の一種。緯 (よこ) 入れにバンド状またはロッド状のレピアと呼ばれる部品を用い,その先端で緯糸をつかんで緯入れする織機である。レピアが織機の片側から杼口全幅にわたって貫通して緯入れする型式と,杼口の両側からそれぞれレピアを挿入し,杼口の中央で片側のレピアから一方のレピアへ緯糸を受渡しして緯入れする型式とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のレピア織機の言及

【無杼織機】より

…広幅の織物を高速で作ることができる。(2)レピア織機rapier loom 1945年から50年にかけてアメリカのドレーパーDraper社で開発された。ただしイギリスには古くから麻袋用のものがあった。…

※「レピア織機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

レピア織機の関連キーワード繊維機械工業石川製作所無杼織機

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android