コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプリカ法 レプリカほう

百科事典マイペディアの解説

レプリカ法【レプリカほう】

電子顕微鏡金属など電子線に不透明な固体の表面構造を観察するための一方法。プラスチックを固体表面に圧着して凹凸を転写し,転写面に金属を真空蒸着して薄膜をつくり,プラスチックを溶解除去した後薄膜を透過型電子顕微鏡で観察する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

レプリカ法の関連キーワード走査型電子顕微鏡トルースタイト

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android