コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透過型電子顕微鏡 トウカガタデンシケンビキョウ

デジタル大辞泉の解説

とうかがたでんし‐けんびきょう〔トウクワがたデンシケンビキヤウ〕【透過型電子顕微鏡】

電子顕微鏡の一。試料電子線を照射し、透過した電子線を磁場で屈折する電子レンズを用いて拡大・結像させる。光学顕微鏡に比べ分解能が極めて高く、0.2ナノメートル程度。細胞やウイルス内部の微細構造の観察に適している。生体試料は厚さ10~100ナノメートルの乾燥切片にする必要がある。TEM(テム)(transmission electron microscope)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうかがたでんしけんびきょう【透過型電子顕微鏡】

初期に開発された電子顕微鏡。電子ビームを絞り込んで加速させ、試料に照射し、透過した電子ビームを拡大して観察する。0.1ナノメートルの分解能が得られるが、透過能力は弱いので、試料を非常に薄くする必要がある。TEM(テム)。 → 走査型電子顕微鏡

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

透過型電子顕微鏡の関連キーワード走査型透過電子顕微鏡走査型電子顕微鏡プランクトンレプリカ法ルスカT細胞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android