コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透過型電子顕微鏡 トウカガタデンシケンビキョウ

3件 の用語解説(透過型電子顕微鏡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうかがたでんし‐けんびきょう〔トウクワがたデンシケンビキヤウ〕【透過型電子顕微鏡】

電子顕微鏡の一。試料に電子線を照射し、透過した電子線を磁場で屈折する電子レンズを用いて拡大・結像させる。光学顕微鏡に比べ分解能が極めて高く、0.2ナノメートル程度。細胞やウイルス内部の微細構造の観察に適している。生体試料は厚さ10~100ナノメートルの乾燥切片にする必要がある。TEM(テム)(transmission electron microscope)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうかがたでんしけんびきょう【透過型電子顕微鏡】

初期に開発された電子顕微鏡。電子ビームを絞り込んで加速させ、試料に照射し、透過した電子ビームを拡大して観察する。0.1ナノメートルの分解能が得られるが、透過能力は弱いので、試料を非常に薄くする必要がある。TEM(テム)。 → 走査型電子顕微鏡

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

透過型電子顕微鏡の関連情報