コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レラキシン relaxin

1件 の用語解説(レラキシンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レラキシン【relaxin】

卵巣の黄体で産生されるペプチドホルモンリラキシンともいう。ヒト,ウマ,ウサギでは胎盤でも産生される。ニワトリの睾丸やサメの卵巣にも存在するといわれている。ヒソーF.J.Hisawは,1926年にモルモットの骨盤靱帯(じんたい)を弛緩する物質が,ブタ妊娠黄体中に存在することを記載し命名した。しかし,70年代に至るまで詳細は不明であった。ブタ黄体から抽出したレラキシンアミノ酸22個のA鎖と,26個のB鎖が2ヵ所でS‐S結合した構造で,その作用は,恥骨結合を弛緩し子宮頸管を拡張し,子宮収縮には抑制的に働く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レラキシンの関連キーワード女性ホルモンペプチドホルモン神経ペプチド卵巣ホルモン異所性ホルモン成長ホルモン放出ホルモンナトリウム利尿ホルモンバソアクティブ腸管ペプチドペプチドホルモン (peptide hormone)遺伝子組換えペプチドホルモン (recombinant peptide hormones)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone