レラキシン(英語表記)relaxin

世界大百科事典 第2版の解説

レラキシン【relaxin】

卵巣の黄体で産生されるペプチドホルモン。リラキシンともいう。ヒト,ウマ,ウサギでは胎盤でも産生される。ニワトリの睾丸やサメの卵巣にも存在するといわれている。ヒソーF.J.Hisawは,1926年にモルモットの骨盤靱帯(じんたい)を弛緩する物質が,ブタ妊娠黄体中に存在することを記載し命名した。しかし,70年代に至るまで詳細は不明であった。ブタ黄体から抽出したレラキシンはアミノ酸22個のA鎖と,26個のB鎖が2ヵ所でS‐S結合した構造で,その作用は,恥骨結合を弛緩し子宮頸管を拡張し,子宮収縮には抑制的に働く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android