コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レラン大修道院 レランだいしゅうどういんAbbaye de Lérins

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レラン大修道院
レランだいしゅうどういん
Abbaye de Lérins

フランスの修道院。 390~410年頃ホノラツスによってカンヌ湾のレラン諸島のサントノラ島に創立された。5世紀に知的活動の中心地として知られ,アルルのヒラリウス,レランのビンケンチウスらを生んだ。のちにベネディクト会則を採用し,978年クリュニーの改革を取入れた。 1791年国有化されたが,1871年シトー会士によって修道院として再建された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レラン大修道院の関連キーワードウィンケンチウス[レラン]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android