コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レラン大修道院 レランだいしゅうどういんAbbaye de Lérins

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レラン大修道院
レランだいしゅうどういん
Abbaye de Lérins

フランスの修道院。 390~410年頃ホノラツスによってカンヌ湾のレラン諸島のサントノラ島に創立された。5世紀に知的活動の中心地として知られ,アルルヒラリウス,レランのビンケンチウスらを生んだ。のちにベネディクト会則を採用し,978年クリュニーの改革を取入れた。 1791年国有化されたが,1871年シトー会士によって修道院として再建された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レラン大修道院の関連キーワードアラリック[1世]紫外線写真お薬手帳地球の深部東京の新タクシー運賃東京は410円アラリック[1世]ゾシモスネット広告アウストラロピテクス・アナメンシス

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone