改革(読み)かいかく(英語表記)reformation

翻訳|reformation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

改革
かいかく
reformation

社会の変動危機に対応し,あるいは適合するように社会的,経済的,政治的諸制度や諸組織,諸政策などを部分的に改善することをいう。したがって社会の基本的な仕組みの全面的変革である革命とは区別される。改革は,既存体制の許容範囲内で改善や改良を重ね,場合によっては変革主体の要求の一部を充足することになるが,他方体制の全面的変革や崩壊を防止するという意味をももっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐かく【改革】

[名](スル)従来の制度などを改めてよりよいものにすること。「機構を改革する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいかく【改革】

( 名 ) スル
基盤は維持しつつ、社会制度や機構・組織などをあらため変えること。 「役所の機構を-する」
よりよくあらためること。 「お花は家政の-を名として/姉と弟 お室

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐かく【改革】

〘名〙
① 不完全なところをあらためかえて、よりよいものにすること。
※土井本周易抄(1477)一「乾之道於是改革する也」 〔後漢書‐黄瓊伝〕
② 国家の基礎を動かさず、暴力的でなく、政治上または社会上の変革をすること。
※続日本紀‐宝亀一〇年(779)九月癸未「若頓改革、還辱緇侶

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

改革の関連情報