コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンズ状斑糲岩 レンズじょうはんれいがんflaser gabbro

岩石学辞典の解説

レンズ状斑糲岩

動力変成作用を受けた斑糲岩で,圧砕され剪断されてレンズ状の塊となった岩石.このレンズ状塊は,細粒化され再結晶した物質の波状の層によって分離されている.原岩の眼球状の残存物はもとの火成岩の性質を失っておらず,岩石も全体としては片岩にはなっていない[Teall : 1888, Flett : 1912].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

レンズ状斑糲岩の関連キーワード動力変成作用眼球斑糲岩斑糲片岩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android