コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンズ状斑糲岩 レンズじょうはんれいがん flaser gabbro

1件 の用語解説(レンズ状斑糲岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

レンズ状斑糲岩

動力変成作用を受けた斑糲岩で,圧砕され剪断されてレンズ状の塊となった岩石.このレンズ状塊は,細粒化され再結晶した物質の波状の層によって分離されている.原岩の眼球状の残存物はもとの火成岩の性質を失っておらず,岩石も全体としては片岩にはなっていない[Teall : 1888, Flett : 1912].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レンズ状斑糲岩の関連キーワード動力変成岩アノジーン動力変成作用変位変成作用タフォイド眼球斑糲岩硬片岩レンズ状輝緑岩動力片岩斑糲片岩フレーザー斑糲岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone