コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンズ空間 レンズくうかんlens space

世界大百科事典 第2版の解説

レンズくうかん【レンズ空間 lens space】

Vを三次元球体,Sをその表面である二次元球面とし,大円Cで分かれるSの二つの半球面をE,E′とする。p,q(p>0)を互いに素な整数として,Eの点xに対し,その点をCの軸のまわりに2πq/pだけ回転した点をつくり,さらにこの点のCの面に関する対称点をつくる。このとき得られるE′の点をφ(x)で表す。いま,Vにおいて,すべてのxについて,xとφ(x)をはり合わせた図形を考え,これをL(p,q)で表し,(p,q)型のレンズ空間という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

レンズ空間の関連キーワード半球面図形整数

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android