ロクルム島(読み)ロクルムトウ

デジタル大辞泉の解説

ロクルム‐とう〔‐タウ〕【ロクルム島】

Lokrum》クロアチア南部、ドゥブロブニク旧市街の約700メートル沖合に浮かぶ島。十字軍に参加したイングランド王リチャード1世獅子心王)が、帰路に遭難しかかるも助かったため、神への感謝のしるしに教会を建てたという伝説が残っている。ナポレオン軍の築いた要塞やベネディクト派修道院、植物園などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android