コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰路 キロ

デジタル大辞泉の解説

き‐ろ【帰路】

帰り道。帰途。「帰路につく」
[補説]書名別項。→帰路

きろ【帰路】[書名]

立原正秋の小説。昭和55年(1980)刊行の、著者最晩年の作品。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

帰路

北方謙三のハードボイルド短編集。1988年刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きろ【帰路】

帰り道。戻り道。 「 -、大阪に立ち寄る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

帰路の関連キーワードエドワード ウィルソン聖ウルスラの聖遺物箱チャグチャグ馬っこ取り切る・取切るアウト[ゴルフ]帰り道・帰り路石原倉右衛門田尻なんきんパン屑リスト沢田教一さんレールボンドロクルム島阿波丸事件コリャード杉山弥之助貴志喜四郎ヤルカンドバドルの戦湯ノ本温泉河野 富子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰路の関連情報