ロサンゼルス国際空港(読み)ろさんぜるすこくさいくうこう(英語表記)Los Angeles World Airport

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロサンゼルス国際空港
ろさんぜるすこくさいくうこう
Los Angeles World Airport

アメリカ合衆国南西部、ロサンゼルス市の国際空港。都心部より南西約24キロメートルのイングルウッドに位置する。面積1443ヘクタール。1930年開港でアメリカ合衆国では歴史の古い空港の一つ。長さ3686メートル、3382メートル、3135メートル、2721メートル各1本、合計4本の滑走路をもつ。2010年の年間発着回数は66万6938回、年間利用客数は約5907万人であり、世界有数の空港である。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロサンゼルス国際空港の関連情報