コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際空港 こくさいくうこうinternational airport

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際空港
こくさいくうこう
international airport

国際線の航空機発着する空港狭義には国際民間航空条約シカゴ条約)によって規定されたものをいい,日本では拠点空港のうち,成田国際空港関西国際空港中部国際空港東京国際空港がこれにあたる。ほかに,おもにソウルなどへの国際定期航空の発着する地方空港があり,通常これらも国際空港と呼ばれている。国際空港は出入国手続,税関検疫業務を行なうための施設を備えていなければならず,そのほか免税店や通貨両替所を設けているところも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐くうこう〔‐クウカウ〕【国際空港】

国際間の航空輸送に用いる航空機の発着が可能で、税関検疫出入国管理の施設を有する空港。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国際空港【こくさいくうこう】

空港

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいくうこう【国際空港 international airport】

空港のうち国際航空交通に使用されるものを指す。日本では法律上の定義や規定はなく,国際便の運航が開始されればその空港はそのまま国際空港となる。ただし,国際便の運航を行うためには出入国管理,税関,検疫などの機能を持たねばならず,また,ターミナルビルなどの施設も国内線用のそれとは別に設置することが望ましい。したがって,これらの設備を備えることが国際空港としての必要条件となる。日本では国際空港は東京,新東京,関西,名古屋,福岡等の基幹空港に一部のローカル空港を加えた10港余にすぎないが,航空交通の頻繁な北アメリカおよびヨーロッパ諸国では主要空港のほとんどすべてが国際空港となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくさいくうこう【国際空港】

外国との空路を運航する航空機が離着陸する空港。出入国管理・税関・検疫などの機能を有することが必要とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際空港
こくさいくうこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国際空港の関連キーワードシドニー・キングスフォード・スミス国際空港チャトラパティ・シヴァジー国際空港中部国際空港連絡鉄道名鉄空港線セントレアプレミアムカードインディラ・ガンジー空港シェレメチェボ国際空港大阪国際空港ターミナルパヤ・レバー国際空港新関西国際空港(株)ニノイアキノ記念日ソウル仁川国際空港チューリッヒ空港成田空港反対闘争コアントラン空港カストラップ空港ケネディ国際空港グアム国際空港カイロ国際空港新東京国際空港ハマド国際空港

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際空港の関連情報