コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロザリオビアンコ

デジタル大辞泉プラスの解説

ロザリオビアンコ

山梨県甲州市で生産されるブドウ。果皮黄緑色、粒は12~16g以上と大粒で、香りがよく、酸味が少なく食味良好。果皮と実離れはよくないが、皮が薄いので丸ごと食することも可。県内の植原葡萄研究所が青ブドウの代表品種である「ロザキ」と「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を交配して1976年に作出した品種で、1987年に品種登録。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ロザリオビアンコの関連キーワードナガノパープル山梨県甲州市ぶどう

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android