ロッジメント氷礫土(読み)ロッジメントひょうれきど(英語表記)lodgment till

岩石学辞典の解説

氷の底部が融けたことによる基底岩屑でできた漂礫土で,氷の移動する方向に配列した大きな砕屑物の長軸に粘土が富んでいる傾向がある[Flint : 1947, Price : 1973].basal till, subglacial tillは同義.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android