コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂礫土 ひょうれきど

2件 の用語解説(漂礫土の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

漂礫土

till, thill: 氷山に運搬された氷成堆積物を含める場合に漂礫土と表記する[地学団体研究会 : 1996].→氷礫土
glacial drift: →ドリフト

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

漂礫土【ひょうれきど】

氷河による砕屑(さいせつ)物が,氷河の融解後,流水や氷山によって遠くまで運ばれて堆積したもの。先カンブリア時代デボン紀ペルム紀など古い時代のものは氷礫土と区別されず,両者をまとめて氷礫岩(ティライト)と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

漂礫土の関連キーワード終堆石底堆石氷食砕屑氷河擦痕周氷河氷河成砕屑性堆積物微砕屑性マクロ砕屑性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone