コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂礫土 ひょうれきど

岩石学辞典の解説

漂礫土

till, thill: 氷山に運搬された氷成堆積物を含める場合に漂礫土と表記する[地学団体研究会 : 1996].→氷礫土
glacial drift: →ドリフト

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

漂礫土【ひょうれきど】

氷河による砕屑(さいせつ)物が,氷河の融解後,流水や氷山によって遠くまで運ばれて堆積したもの。先カンブリア時代デボン紀ペルム紀など古い時代のものは氷礫土と区別されず,両者をまとめて氷礫岩(ティライト)と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

漂礫土の関連キーワードスコティッシュボーダーズグレーターマンチェスターアブレーション氷礫土ハーフォードシャー県ノースヨークシャー県ロッジメント氷礫土斜交ドリフティングウォリックシャー県リップル・ドリフトウェストミーズ県地学団体研究会オークニー諸島北アイルランドランカシャー県サフォーク県イリノイ氷期エセックス県リマリック県リートリム県ロンドン盆地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android