コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砕屑物 サイセツブツ

2件 の用語解説(砕屑物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいせつ‐ぶつ【砕×屑物】

岩石が風化・浸食によって細かく砕けてできた破片や粒子。砂礫シルト粘土など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

砕屑物

岩石を記述する際に一般的に鉱物の集合体として用いられる語で,時に鉱物が機械的な方法で分離された岩石に限定されることがある.層状鉄鉱床の中の破砕性物質に使われるが,現在は一般にコンクリートを作るのに用いられる堅い岩石のかけらや礫に関するものに使用される[Arkell & Tomkeieff : 1953].土壌では粒子の塊で,互いに土くれ,柱,小片,小粒なととなっているもの[U. S. Dept. Agric. : 1938].砂,礫,岩片,貝殻など,砕屑粒子の天然の集合体で,固結すれば砕屑岩となるもの[片山ほか : 1970].ラテン語aggregatusは群れを一つにまとめるの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砕屑物の関連キーワード岩石学同源鉱物組合せリソモルフィック変成岩体閃光集合体半片岩珪礬質フェマグ統計的推定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone