コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砕屑物 サイセツブツ

2件 の用語解説(砕屑物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいせつ‐ぶつ【砕×屑物】

岩石が風化・浸食によって細かく砕けてできた破片や粒子。砂礫シルト粘土など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

砕屑物

岩石を記述する際に一般的に鉱物の集合体として用いられる語で,時に鉱物が機械的な方法で分離された岩石に限定されることがある.層状鉄鉱床の中の破砕性物質に使われるが,現在は一般にコンクリートを作るのに用いられる堅い岩石のかけらや礫に関するものに使用される[Arkell & Tomkeieff : 1953].土壌では粒子の塊で,互いに土くれ,柱,小片,小粒なととなっているもの[U. S. Dept. Agric. : 1938].砂,礫,岩片,貝殻など,砕屑粒子の天然の集合体で,固結すれば砕屑岩となるもの[片山ほか : 1970].ラテン語aggregatusは群れを一つにまとめるの意味.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone