傾向(読み)ケイコウ

デジタル大辞泉 「傾向」の意味・読み・例文・類語

けい‐こう〔‐カウ〕【傾向】

物事大勢態度特定方向にかたむくこと、または、かたむきがちであること。「最近の消費者傾向」「彼は大げさに言う傾向がある」
思想的にある特定の方向にかたよること。特に、左翼的思想にかたよること。「傾向小説」
心理学で、一定刺激に対して、一定の反応を示す生活体素質
[類語](1傾き気味性向全体の動きや流れ)趨勢すうせい趨向すうこう動向流れ大勢たいせいトレンド動き大局成り行き形勢旗色情勢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「傾向」の意味・読み・例文・類語

けい‐こう‥カウ【傾向・傾嚮】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ( ━する ) 性質や状態などがある方向にむかうこと。一方に片寄ること。また、そうなりがちなこと。かたむき。かたより。
    1. [初出の実例]「列国の大勢斯国に傾向し」(出典:経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後)
    2. 「此の前後に作られたる種々の傾向の詩は皆予が初期の試作たるを免れず」(出典:邪宗門(1909)〈北原白秋〉例言)
  3. 思想上、ある特定の考え方に片寄ること。狭義には、社会主義的思想についていう場合が多い。
  4. 心理学で、一定の刺激に対して一定の反応によって応ずる有機体の素質をいう。また、学習によって習得した態度。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「傾向」の読み・字形・画数・意味

【傾向】けいこう

進む方向。

字通「傾」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android