コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロデズ Rodez

1件 の用語解説(ロデズの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロデズ【Rodez】

フランス南西部,アベーロン県の県都。ロデスともいう。人口2万4368(1982)。歴史的建造物が多く残り,とくに市の中心に位置するノートル・ダム大聖堂が知られる。同大聖堂は1277年ごろイル・ド・フランスの盛期ゴシック(レーヨナン)様式の影響下に着工され,内陣の放射状祭室は14世紀初頭,身廊,トランセプト(交差廊)は15世紀,要塞にも似た威容を誇る西正面は1500年,内陣北壁の美しい塔はようやく1510‐26年に完工をみた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロデズの関連キーワードアルビガロンヌ川ジェールツーロントゥールーズナントモンペリエルマントゥーロンユーロディフ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロデズの関連情報