ロレーナ オチョア(英語表記)Lorena Ochoa

現代外国人名録2012の解説

ロレーナ オチョア
Lorena Ochoa


国籍
メキシコ

専門
元・プロゴルファー

生年月日
1981/11/15

出生地
グアダラハラ

学歴
アリゾナ大学〔2002年〕中退

経歴
5歳でゴルフを始め、世界ジュニアで5勝。高校卒業後、米国のアリゾナ大学に留学し、2年間で20戦12勝。2001〜2002年シーズンは10戦8勝、2位2回と圧倒的な強さを誇った。2001年、2002年NCAA最優秀選手となる。2002年5月大学を中退してプロに転向。米国女子ツアー下部組織のフューチャーツアーで3勝を挙げて賞金女王となり、2003年から米ツアーに参戦。2006年には年間6勝を達成。2007年4月世界ランキングで初めてアニカ・ソレンスタムを抜いて世界1位に。8月全英女子オープンでメジャー初制覇。翌週のカナダオープンも優勝。同年米ツアー8勝を挙げて女子初の年間賞金400万ドルを突破し、2年連続賞金女王に輝く。2008年クラフト・ナビスコ選手権でメジャー2勝目。同年セーフウェイインターナショナルからギンオープンまで史上4人目のタイ記録となる4週連続優勝を達成するなどシーズン7勝を挙げ、3年連続賞金女王に。2009年は賞金女王は逃したものの、4年連続で年間最優秀選手賞に輝いた。2010年5月トレスマリアス選手権を最後に引退。米ツアー通算27勝(うちメジャー2勝)。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

最新 世界スポーツ人名事典の解説

ロレーナ オチョア
Lorena Ochoa
ゴルフ

プロゴルファー
生年月日:1981年11月15日
国籍:メキシコ
出生地:グアダラハラ
別名等:本名=Lorena Reyes Ochoa
学歴:アリゾナ大学中退
受賞歴:LPGA年間最優秀選手〔2006年・2007年・2008年・2009年〕
経歴:5歳でゴルフを始め、世界ジュニアで5勝。高校卒業後、米国のアリゾナ大学に留学し、2年間で20戦12勝。2001〜2002年シーズンは10戦8勝、2位2回と圧倒的な強さを誇った。2001年、2002年NCAA最優秀選手となる。2002年5月大学を中退してプロに転向。米国女子プロツアー(LPGA)下部組織のフューチャーツアーで3勝を挙げて賞金女王となり、2003年から米国ツアーに参戦。2006年には年間6勝を達成。2007年4月世界ランキングで初めてアニカ・ソレンスタムを抜いて世界1位に。8月全英女子オープンでメジャー初制覇。翌週のカナダオープンも優勝。同年米国ツアー8勝を挙げて女子初の年間賞金400万ドルを突破し、2年連続賞金女王に輝く。2008年クラフト・ナビスコ選手権でメジャー2勝目。同年セーフウェイインターナショナルからギンオープンまで史上4人目のタイ記録となる4週連続優勝を達成するなどシーズン7勝を挙げ、3年連続賞金女王に。2009年は賞金女王は逃したものの、4年連続でLPGA年間最優秀選手に輝いた。2010年5月トレスマリアス選手権を最後に引退。米国ツアー通算27勝(メジャー2勝)。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android