コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロングキルン ロングキルンlong kiln

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロングキルン
long kiln

セメント原料の焼成に使用する長大な回転窯。窯を長くして熱効率を高めたもの。キルンの長さが 60~80m前後で排ガスを利用して余熱発電を行うショートキルンに対し,普通 120m以上のものをさし,200mに及ぶものもある。乾式湿式があり,長期安定運転,大容量,高品質,自動化,労務費低減など,多くの長所をもつ。日本には 1954年導入された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロングキルンの関連キーワードセメント工業セメント原料

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android