コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンディニウム ロンディニウムLondinium

1件 の用語解説(ロンディニウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンディニウム
ロンディニウム
Londinium

イギリスの首都ロンドンの古代ローマ名。テムズ河口に近い地点に位置し,ローマ以前の遺構も存するが重要ではない。ローマ領ブリタニアとなってから通商交易の中心となった。 61年のブーディッカの反乱で破壊されたが,まもなく復興,ブリタニアの州都となり,市域は城壁で囲まれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のロンディニウムの言及

【ロンドン】より

…かつての大英帝国,現在のイギリス連邦の中心でもあり,近代においてはしばしば国際会議,国際条約締結の舞台となった。地名はケルト語で〈荒れた〉を意味するロンドlondoに由来し,ローマ時代にはロンディニウムLondiniumまたはロンディニオンLondinionと呼ばれた。日本では〈倫敦〉と表記することもある。…

※「ロンディニウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone