立像(読み)リツゾウ

精選版 日本国語大辞典の解説

りつ‐ぞう ‥ザウ【立像】

〘名〙 立っている姿の像。りゅうぞう。
※風流仏(1889)〈幸田露伴〉八「困りしは立像刻む程の大きなる良木なく」 〔後漢書‐曹襃伝〕

りゅう‐ぞう リフザウ【立像】

※叡岳要記(鎌倉中)上「乗化現文殊師子立像一頭〈高八尺〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立像の関連情報