立像(読み)りつぞう

精選版 日本国語大辞典「立像」の解説

りつ‐ぞう ‥ザウ【立像】

〙 立っている姿。りゅうぞう。
風流仏(1889)〈幸田露伴〉八「困りしは立像刻む程の大きなる良木なく」 〔後漢書‐曹襃伝〕

りゅう‐ぞう リフザウ【立像】

※叡岳要記(鎌倉中)上「乗化現文殊師子立像一頭〈高八尺〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android