立像(読み)リツゾウ

  • りつぞう ‥ザウ
  • りつぞう〔ザウ〕
  • りゅうぞう
  • りゅうぞう リフザウ
  • りゅうぞう〔リフザウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 立っている姿の像。りゅうぞう。
※風流仏(1889)〈幸田露伴〉八「困りしは立像刻む程の大きなる良木なく」 〔後漢書‐曹襃伝〕
※叡岳要記(鎌倉中)上「乗化現文殊師子立像一頭〈高八尺〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立像の関連情報