ロンドン特別区(読み)ロンドントクベツク

デジタル大辞泉の解説

ロンドン‐とくべつく【ロンドン特別区】

シティーとともに大ロンドンを構成する32の地方自治区域。シティーとそれを取り巻く12の区がインナーロンドンを形成し、その外側を囲む20の区がアウターロンドンを形成する。ロンドン自治区ロンドンバラ
[補説]インナーロンドンの特別区
カムデングリニッジハックニー
ハマースミス‐アンド‐フラムイズリントンケンジントン‐アンド‐チェルシー
ランベスルイシャムサザーク
タワー‐ハムレッツワンズワースシティー‐オブ‐ウエストミンスター
*グリニッジ区は、統計調査ではアウターロンドンに含まれる。

アウターロンドンの特別区
バーキング‐アンド‐ダゲナムバーネットベクスリー
ブレントブロムリークロイドン
イーリングエンフィールドハーリンゲイ
ハーロウヘイバリングヒリンドン
ハウンズローキングストン‐アポン‐テムズマートン
ニューアムレッドブリッジリッチモンド‐アポン‐テムズ
サットンウォルサム‐フォレスト 
*ハーリンゲイ区とニューアム区は、統計調査ではインナーロンドンに含まれる。

したがって、統計上は13区がインナーロンドン、19区がアウターロンドンに分類される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android