コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローヌ=プーラン ローヌ=プーランRhône-Poulenc S. A.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローヌ=プーラン
Rhône-Poulenc S. A.

かつてのフランス最大の総合化学持株会社。 1801年創設の染料研究所が始まりで,1895年ソシエテ・シミック・デ・ユジーヌ・デュ・ローヌとして設立。 1914年化繊分野に進出,1928年大手医薬品メーカーのプーラン・フレールと合併し,ソシエテ・デ・ユジーヌ・シミック・ローヌ=プーランと改称。 1956年医薬品部門,1961年繊維部門,1969年化学部門とそれぞれ有力企業を合併して事業を拡充。この間 1961年には事業会社を分離して持株会社となり,化学部門の大手持株会社セルテックスと合併してローヌ=プーランに社名変更。またサン・ゴバンペシネー・ユジーヌ・クールマン (→ペシネー ) と提携して化学工業の再編成を促進。 1982年フランス政府により国有化されたが,1993年再び民営化。 1999ドイツヘキストと合併,世界最大級の医薬・バイオメーカー,アベンティスとなったのち,2004年フランスの医薬品メーカー,サノフィ・サンテラボとの合併によりサノフィ・アベンティスとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone