コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペシネー ペシネーPechiney S.A.

2件 の用語解説(ペシネーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペシネー
ペシネー
Pechiney S.A.

フランスのかつての金属素材メーカー。1971年アルミニウムメーカーのペシネーと金属・化学品メーカーのユジーヌ・クールマンとの合併によりペシネー・ユジーヌ・クールマンとして設立。ペシネーは 1855年設立のヨーロッパ最大のアルミニウムメーカーで,ほかにボーキサイトの採掘,各種軽合金,貴金属製品,化学製品の製造など多角化を推進して成長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペシネー
ぺしねー
Pechiney

フランスの非鉄金属メーカー。1971年、特殊鋼のトップ・メーカーであるユジーヌ・クールマンUgine Kuhlmann社と、世界的なアルミニウム、非鉄メーカーであるペシネー社が合併してペシネー・ユジーヌ・クールマン社が発足した。1982年ミッテラン政権下で国有化、アルミ事業を中心に改組され、社名をペシネーに変更した。アルミニウム業界の世界的再編動向のなかで、ペシネーはカナダアルキャンAlcan Inc.に買収され(2003年)、さらにアルキャンがイギリスオーストラリア系資源大手のリオ・ティントRio Tinto・グループに買収(2007年)された。
 前身のユジーヌ・クールマン社は、1886年以来ソーダ、炭酸カリの製造を行ってきたユジーヌ社と、1825年に創立され硫酸製造に従事してきたクールマン社とが1968年に合併してできた会社である。他方、ペシネー社は、1855年アンリ・メルルHenri Merle(1825―1877)の創始したソーダ、カリ、塩素などを生産する工場に起源をもつ。ペシネーAlfred Rangod Pechiney(1833―1916)が経営を引き継ぎ、19世紀末には電解法によるアルミ生産に乗り出し、20世紀に入ると、アルミ関連工場の吸収合併を積極的に行って、業界でトップの地位を得た。第二次世界大戦後に石油化学部門に進出、ペシネー・ユジーヌ・クールマン発足後はアルミを中心に研磨、耐熱製品、セラミック、核燃料部門まで手がけた。
 1988年、アメリカの飲料用アルミ缶のトップメーカー、アメリカン・ナショナル・キャンAmerican National Canを買収。以降、非中核事業から撤退し、アルミニウムおよび包装部門に集約化した。1990年代以降は民営化の流れを受けて、1995年から政府所有株式の売却が開始されたが、アルミニウムの価格低迷などによる大幅な赤字を計上したため投資家の関心は低く、1998年に至ってようやく完全民営化された。その後、世界的な再編が加速化するなかで、2002年イギリス・オランダ系の製鉄大手コーラス・グループ(現、タタ鉄鋼)のアルミ事業を買収した。2002年の売上高は119億0900万ユーロ、従業員数は3万4000人。
 2003年、アルミニウム製造世界2位のアルキャン(カナダ)に買収された。さらにアルキャンが2007年リオ・ティントに買収され、グループ内のアルミニウム事業部門と合体してリオ・ティント・アルキャンとなった。[簗場保行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone