医薬(読み)イヤク

大辞林 第三版の解説

いやく【医薬】

病気を治療するための薬品。
医療と薬剤。また、医師と薬剤師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐やく【医薬】

〘名〙
病気治療に用いる薬。また、薬で病気をなおすこと。
※続日本紀‐文武二年(698)三月丁卯「越後国言疫、給医薬之」
※志都の岩屋講本(1811)上「さて医薬の道は神皇産霊(かみむすび)の大神より初まり」 〔史記‐李斯伝〕
② 医術と薬品。治療と調剤。「医薬分業

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医薬の関連情報