コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クールマン Quirinus Kuhlmann

世界大百科事典 第2版の解説

クールマン【Quirinus Kuhlmann】

1651‐89
ブレスラウ(現,ポーランド領ブロツワフ)出身の神秘家,詩人,預言者。病弱,多感な少年時代に多くの詩を書く。大学に絶望,オランダベーメの作品に接し,ベーメこそ終末の時代の神秘を見たヨーロッパ最後の預言者であることを知り,すべての宗教,学問,セクト,世界観の統一,百合と薔薇の黄金時代の到来を確信した。故国を追われ,イギリス,オランダ,フランスをさすらい,イスラム教との和解をも夢みてトルコまで行き,最後にロシアに希望をたくしたが,モスクワで火あぶりにされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クールマンの関連キーワードケープ(南アフリカ共和国)ローヌ=プーラン微量てんびんプレーグル微量化学微量天秤ペシネートタル

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クールマンの関連情報