拡充(読み)かくじゅう

精選版 日本国語大辞典「拡充」の解説

かく‐じゅう クヮク‥【拡充】

〘名〙 十分におしひろめること。拡張実すること。現代では多く、組織や設備などを広げて充実させること。
※語孟字義(1705)上「雖充之功、其何由而得乎」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉四「が意を拡充し十余年の旧典を改め」 〔朱熹‐由義斎銘〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「拡充」の解説

かく‐じゅう〔クワク‐〕【拡充】

[名](スル)組織や施設を広げて、充実させること。「工場を拡充する」
[類語]拡大伸張伸展拡張膨張展開増幅成長伸びる発展広がる増加増大増殖増量繁殖増強倍増倍加累増累加逓増漸増急増激増増進増益増額増収増給増設増税増便増発増車増員増兵亢進底上げアップエスカレート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「拡充」の解説

【拡充】かく(くわく)じゆう

おしひろげてみたす。〔孟子、公孫丑上〕そ我に四端は、擴して之れを充たすことを知る。の始めて然(も)え、の始めてするが(ごと)し。

字通「拡」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android