コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロービル Rhovyl

1件 の用語解説(ロービルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロービル【Rhovyl】

純粋なポリ塩化ビニルから成る繊維。フランスのソシエテ・ロービルSociété Rhovyl社の商標。二硫化炭素アセトンの混合溶媒に溶解して紡糸される。75~1600デニールの太さで市販されている連続フィラメント糸で,引張強さ3gf/デニール,切断伸度12%を有するが,これは湿潤時でも同じである。耐薬品性がかなりあり,不燃性である。欠点は78℃以上の温度で収縮することである。ろ(濾)布,不燃性家具調度類に使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロービルの関連キーワード塩化ビニリデンビニル樹脂ポリ塩化ビニリデンポリ塩化ビニルポリ塩化ビフェニル塩化ビニル樹脂PCDFPVCビニール袋硬質ポリ塩化ビニル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロービルの関連情報