コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローフォテン諸島 ローフォテンしょとうLofoten

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローフォテン諸島
ローフォテンしょとう
Lofoten

ノルウェー北西部,ノールランおよびトロムス両県に属する群島。面積約 1425km2。本土沖のノルウェー海に,長さ 160kmにわたって分布するが,北大西洋暖流のため温暖。アウストボーゲイ島 (エイストボーゲイ島) のスボルベールが中心集落で,主要港も兼ねる。この北東にあるベステルオーレン諸島 (西オーレン諸島) も含めて,ローフォテン諸島と呼ぶこともある。毎年2~4月,近海はノルウェー各地から集る数千の労働者によるニシン・タラ漁でにぎわう。タラは初夏の日光にさらし,乾燥して西アフリカ諸国などへ輸出する。肝油・缶詰製造も行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android