コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローフォテン諸島 ローフォテンしょとうLofoten

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローフォテン諸島
ローフォテンしょとう
Lofoten

ノルウェー北西部,ノールランおよびトロムス両県に属する群島。面積約 1425km2。本土沖のノルウェー海に,長さ 160kmにわたって分布するが,北大西洋暖流のため温暖。アウストボーゲイ島 (エイストボーゲイ島) のスボルベールが中心集落で,主要港も兼ねる。この北東にあるベステルオーレン諸島 (西オーレン諸島) も含めて,ローフォテン諸島と呼ぶこともある。毎年2~4月,近海はノルウェー各地から集る数千の労働者によるニシン・タラ漁でにぎわう。タラは初夏の日光にさらし,乾燥して西アフリカ諸国などへ輸出する。肝油・缶詰製造も行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android