コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローレンツ=ローレンスの式 ローレンツ=ローレンスのしきLorentz-Lorenz's formula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローレンツ=ローレンスの式
ローレンツ=ローレンスのしき
Lorentz-Lorenz's formula

物質の屈折率 nを,その構成分子 (または原子) の分極率αで表現する関係式のこと。クラウジウス=モソッティの関係式を光の周波数に適用し,ε=n2 ,分子量 (または原子量) を M,アボガドロ数を NA とし,物質の密度をρとすれば,次の式が成り立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ローレンツ=ローレンスの式の関連キーワードアボガドロ数クラウジウスアボガドロ原子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android