クラウジウス=モソッティの関係式(読み)クラウジウス=モソッティのかんけいしき(英語表記)Clausius-Mossotti's relation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラウジウス=モソッティの関係式
クラウジウス=モソッティのかんけいしき
Clausius-Mossotti's relation

誘電体誘電率 ε と誘電体を構成する分子分極率αとの関係を与える式。無極性誘電体の場合で単位体積中に n 個の分子があるとすると,式は次のように表わされる。
ε0 は真空の誘電率である。誘電率の測定から分子の電気的性質を示す分子分極率がわかる。永久双極子をもつ有極性誘電体では α の代りに α+p2/3kT を用いる。これはデバイの式と呼ばれて分子の双極子モーメントを求めるのにしばしば用いられる。 p は分子のもつ双極子モーメント,k はボルツマン定数,T は絶対温度である。これらの関係式は,分子に働く電場が外部からかけた電場だけでなく,電気分極による局所的な電場も含めて,分子が実際に感じる電場を考慮して求められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android