コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分極率 ぶんきょくりつpolarizability

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分極率
ぶんきょくりつ
polarizability

原子や分子電場によって分極する度合いを表わす量。電場 E に置かれた1つの原子,イオンあるいは分子に誘起される双極子モーメントp とすれば p=ε0αE ( ε0 は真空の誘電率) の関係式が成り立つが,式中のαを分極率という。 p=αE と表わすこともある。αには電場による電子の変位に起因する α0 と,α0 に永久双極子の配向を加えた温度依存性の α=α0c/T ( T は絶対温度) とがある。 c は永久双極子モーメントに関係した比例定数である。電子の分布が球対称である原子やイオンでは α=α0 で,分極率はスカラー量の定数である。一般の複雑な分子では α0テンソル量となる。分極率と誘電率との関係を表わしたものがクラウジウス=モソッティの関係式である。なお,高周波の電場に対してはαを複素数として考えなければならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分極率
ぶんきょくりつ
polarizability

電子分極率とイオン分極率を総称して分極率という。物質の誘電性を大きく支配するものである。
 一つの原子において、原子核の周りの電子雲はつねに原子核に関して点対称を保って分布しているから、原子にもともと電気双極子が存在することはない。しかし、原子が電界の中に置かれると、原子に電子雲の変形がおこり、双極子が誘起される。電界(これは、原子の集団においては、外からかかる電界だけではなく、注目した原子と他の原子との相互作用を考慮した実効電界である)をF、誘起される双極子モーメントをμeとすると、普通μeeFが成り立つ。このαeは、スカラー(一つの数値だけで完全に表される量)であって、電子分極率といわれ、原子が決まれば決まる量である。電子分極率は分子においても考えられ、分子では一般にはテンソルであり、またイオンでも考えられる。
 一方、物質に電界がかかると、物質内に存在する正・負のイオンが相対変位をして双極子が誘起される。そのモーメントをμiとして、μiiFのαiはイオン分極率といわれる。イオン分極率は、イオンの種類および物質内でのその配列状況で決まる複雑なものである。[沢田正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の分極率の言及

【電気分極】より

…ただしここで,Eは誘電体内部の電場であり,外部電場E0とは異なる。
[分極率]
 誘電体に外部から電場を加えると,誘電体内部の原子,イオン,分子または基には局所電場Fが働き,原子,イオン,分子または基は分極して双極子モーメントPが生ずる。PFに比例し, P=αFで与えられる。…

※「分極率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分極率の関連キーワードクラウジウス‐モソッティ‐ローレンツ‐ローレンツの式トーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則クラウジウス=モソッティの関係式デバイの式(双極子モーメント)ローレンツ=ローレンスの式ランジュヴァン‐デバイの式ローレンツ=ローレンツの式ローレンツ‐ローレンツの式ファン・デル・ワールス力赤外線吸収スペクトルカークウッドの公式ノイゲバウアー効果有機ハロゲン化物分子スペクトルシュタルク効果クラウジウスラマン効果有機電子論電気感受率緩和現象

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android