コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローレンツの共鳴曲線 Lorentz resonance curve

1件 の用語解説(ローレンツの共鳴曲線の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ローレンツの共鳴曲線【Lorentz resonance curve】

自由振動状態において一定の割合で振幅が減少する減衰調和関数を行う系の示す共鳴曲線をいう.核物理学では「ブライトウィグナー曲線」と呼ばれている.共鳴周波数 ω の近傍においては,半値幅を2r とすると

で表される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローレンツの共鳴曲線の関連キーワード減衰振動振幅等時性配給分配係数面角一定の法則付加税レゾナンス恒率乾燥期間身長係数

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone