コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッケ杏仁状熔岩 ワッケきょうにんじょうようがん wacke mandelstein

1件 の用語解説(ワッケ杏仁状熔岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ワッケ杏仁状熔岩

風化した杏仁状玄武岩wackeドイツ語で川床の礫の意味.ハルツ地方のドイツの鉱山では鉱床を含む岩石をすべてwackeと呼んだが,最も普通に使われた岩石は上部デボン紀から下部石炭紀の暗色砂岩に用いられた.最近10%以上の粘土マトリクスを含むものに限って使われている[Tomkeieff : 1983].一方,岩石では玄武岩質岩石や凝灰岩の最後の分解生成物として作られた暗緑色から茶黒色の土または粘土の古い呼び名である.この語と杏仁状玄武岩の古いドイツ語である杏仁状熔岩(mandelstein)とを合わせた名称で,風化した杏仁状玄武岩のことである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワッケ杏仁状熔岩の関連キーワード玄武岩ワッケドレライト-ワッケ杏仁状組織楯状玄武岩島弧玄武岩がま石球顆玄武岩杏仁状熔岩高アルミナ玄武岩バサルタイン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone