コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川床/河床 カワドコ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐どこ〔かは‐〕【川床/河床】

川の流れる所の地盤。川底となる地面。河床(かしょう)。
かわゆか」に同じ。

かわ‐ゆか〔かは‐〕【川床】

納涼のため川の流れに張り出して設けた桟敷。多く、京都四条近辺の河原に設けるものをいう。かわどこ。ゆか。納涼床 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわゆか【川床】

料理屋などの座敷から川へ突き出して作った、涼みのための桟敷さじき。京都の四条河原のものが有名。ゆか。かわどこ。床涼み。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

川床/河床の関連キーワード中央カラハリ動物保護区中津渓谷(神奈川県)古都オウロ御笠川と博多の水害田代(鹿児島県)ワッケ杏仁状熔岩デュランス川旧花園頭首工遠賀川式土器栃原岩陰遺跡土壌改良資材ミツバヤツメキュウリウオ中垣清右衛門パチタン文化玉川[温泉]立屋敷遺跡川床・河床竹前権兵衛四条河原

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android